3MHz
3MHz
3MHz
MSX BASIC version 4.0
Copyright 1990 by Microsoft
25277 Bytes free
Disk BASIC version 2.01
主にMSX関係のコンテンツが置いてあります。

エンベロープ

基本的にエンベロープはエンベロープ用変数で計算し、その後ボリュームやz値などを加算して最終的な値を算出しています(PSGのノイズエンベロープ、ハードウエア周期エンベロープはエンベロープ値そのままの値)。

エンベロープのカウンタは通常約1/60秒単位で、それを1クロックと呼ぶことにしておきます。PSGの高速ピッチエンベロープ、高速ノートエンベロープは更に速い約1/360秒単位です。エンベロープによってはセットするとき、q1時間用q2時間用の2種類をセットできます。

ピッチエンベロープは高速化のため上限下限のチェックを行っていません。ピッチが下がり続けたら高音になるような場合は、打ち込み時に調節して下さい。

エンベロープがループせず終了した場合、次の音まで最後の状態を維持し続けます。